ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ] [最新の状態]
ページ 1 (1〜10)
4格となる理由について 引用
  2018/11/16 (金) 05:56:03 - みっちー - <メール送信> - No.1542315363
田中先生、おはようございます。

以下のような文があります。
 Mein Bruder geht in die 10. Klasse des Gymnasiums.

「10.」の語尾を考えているのですが、結局は、inが何格を取るか、ということに帰着すると思います。inは3格または4格を
取る前置詞なので、このどちらかになるのですが、文の意味から、「第10学年」という期間の中にいる、と考えて、3格と判
断したのですが、zehnteと読みがあるので、4格として扱われています(dieが使われていることからもわかります)。

どのように考えて4格となるのか、ご教授いただけませんでしょうか。

返信1 返信-1
 2018/11/16 (金) 12:03:00 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1542315363.1
この文は、「新年度になったら第10学年に行く(進級する)」という意味です。
今はまだ9学年で、次に10学年に行く、のですから、「移動」を表す4格支配です。

いま「10学年である」という場合には、Mein Bruder ist in der 10. [zehnten] Klasse. となります。
定冠詞 der/die の違いにも表れています。

返信2 返信-2
 2018/11/17 (土) 05:23:33 - みっちー - <メール送信> - No.1542315363.2
訳が載っていて、「〜10年生である」とあったので、そこに注意がいってしまいました。
確かに、gehenは移動を、seinは状態を表すので、そこに着目すれば正しく判断できたのでは、と思っています。

ご教授、ありがとうございました。

mögenとmöchten 引用
  2018/11/14 (水) 10:29:55 - szs - No.1542158995
田中先生



お世話になっております。

田中先生に教えて頂いた情報を基に形容詞を懸命に学習中です、
まだまだ身体の中に格納できておりませんが ゜(;´∩`;)゜:  。

「ドイツ語上達人ゆうこ」様のブログのページ
http://ドイツ語.1af.net/article/440106883.html
には、mögenとmöchtenに関する説明があり、

また「bab.la」サイト
https://ja.bab.la/活用/ドイツ語/moegen
等に、mögenの活用一覧がありますが、

(以下、質問です)

mögenとmöchtenは、
各々、独立した不定形(原形?)のある、別個の動詞(?)なのでしょうか?
(それとも、möchtenは、動詞mögenの活用形の一形態なのでしょうか?)

ご指導、お願い致します。

返信1 返信-1
 2018/11/14 (水) 21:47:19 - Masatoshi Tanaka - <info@tmasa.jp> - No.1542158995.1
möchte は、mögen の過去基本形 mochte から作られた接続法U式です。
接続法U式には原形(不定形)はありません。

mögen には「〜を好む」(本動詞的)、「〜したい」(助動詞的) は用法があり、
(例)
Ich mag Bier.
Ich mag nach Hause gehen.

möchte はそのどちらも引き継ぎます。

返信2 返信-2
 2018/11/15 (木) 09:56:55 - szs - No.1542158995.2
ご回答、ありがとうございます。


> möchte は、mögen の過去基本形 mochte から作られた接続法U式です。
> 接続法U式には原形(不定形)はありません。
>
> mögen には「〜を好む」(本動詞的)、「〜したい」(助動詞的) は用法があり、
> (例)
> Ich mag Bier.
> Ich mag nach Hause gehen.
>
> möchte はそのどちらも引き継ぎます。

はい、理解できました、ありがとうございました。もう1点、関連質問ですが、

mögenを巡りまして、Web上でしばしば、
<1> Ich werde dich heiraten.
<2> Ich will dich heiraten.
<3> Ich möchte dich heiraten.
を比較した説明を見受けます。
<1>、<2>、<3>の差異性は概ね分かるような気がするのですが、
実際に使われる情景と発生する意味につきましていろいろ考えております。
特に<3>の表現は、これをプロポーズの際に使ったりすると、本気でプロボーズしてい
ると思ってもらえない旨の説明を読んだことがあるのですが、
<3>を用いてもよい(あるいは、用いたほうが好ましい)情景は考えられないでしょう
か?
ドイツ語空間に於ける文章のニュアンス(既にご指導頂いている接続法U式がらみ
とは思いますが)を把握しようとしております。よろしくお願い致します。

返信3 返信-3
 2018/11/16 (金) 11:59:48 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1542158995.3
接続法U式には、「非現実話法」と「外交話法」があります。

プロポーズの場合には、遠回しではなくしっかりと現実を見据えた発言・行為であるべき、というこ
とから、接続法よりは直説法がいいのだろうと思います。

プロポーズの局面でなければ、たとえば、大好きな歌手や俳優さんなどに「応援している気持ちがあ
ふれすぎて」そのように言う、ことはあるのかもしれません。本当に結婚するつもりはなく、あふれ
んばかりの気持ちの表れとして、ですが。

形容詞の名詞化について 引用
  2018/10/28 (日) 09:23:05 - みっちー - <メール送信> - No.1540686185 - 返信コールON
田中先生こんにちは

次のような、語尾を補う、という問題がありました(文中の下線部)。
 In der Zeitung steht heute nichts Neu_.

次のように考えました。
(1)付加語的用法ではないので、語頭大文字化による形容詞の名詞化です。
(2)定冠詞(類)も不定冠詞(類)もないので、強変化です。
(3)文中の副詞(句)を無視し、Neu_が1格であると判断しました。
(4)この文では性を特定することができません。そこで辞書を見たところ、Neueに中性名詞としての扱いがあり、「新
しいもの」といった意味がありました。
(5)中性名詞、1格、強変化なので、Neuesです。

このような考え方、他に着目すべき点などがありましたら、ご教授いただければと思います。

返信1 返信-1
 2018/10/30 (火) 00:54:02 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1540686185.1
こんばんは。
ご質問の件ですが、書いてくださっている着眼点でよろしいかと思います。
中性名詞は「もの(物)・こと(事)」を表す用法がありますので、この場合「新しいこと」
という意味で中性名詞でいいですね。

der Deutsche: (男性名詞) ドイツ人男性
die Deutsche: (女性名詞) ドイツ人女性
das Deutsche: (中性名詞) ドイツ語

などでも、中性名詞の扱いが見て取れます。

返信2 返信-2
 2018/11/16 (金) 05:26:17 - みっちー - <メール送信> - No.1540686185.2
どうもありがとうございました。

文法問題いろいろ 引用
  2018/11/9 (金) 06:44:41 - ゆうすけ - No.1541713481
田中先生いつも有難うございます。あるテキストの文法問題を解いていていくつか疑問に
思った箇所がありましたのでご教示ください。

@昨日はスキーをしていてあやうく脚を折るところだった。(接続法を用いて)
⇒(解答)Gestern beim Skifahren habe ich beinahe das Bein gebrochen. とあったの
ですが、hätte ich beinaheではないかと思うのですが。

A母親は少年にすぐ帰って来いと言った。(間接話法を使って)
⇒(解答)Die Mutter hat dem Jungen befohlen, er solle sofort zurückkommen.と
あったのですが、Die Mutter sagte dem Jungen, er solle sofort zurückkommen. では
ダメでしょうか。間接話法への変換にはbefehlenを使わないといけないのでしょうか。

B東京の人口はベルリンの人口よりはるかに多い。(独訳)
⇒(解答)Tokyo hat viel mehr Einwohner als Berlin.
⇒Die Bevölkerung von Tokyo ist viel größer als sie von Berlin,ではダメでしょう
か。また、sie vonはいらないでしょうか。

CGegen 4 Uhr hörte es auf, zu regnen.
この場合、aufの次のカンマは入れてはいけないのでしょうか。zu不定句の場合にカンマ
について何か規則はありますか。

以上よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2018/11/9 (金) 12:18:05 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1541713481.1
@
そうですね。実際には骨折していないのですから、接続法で hätte にすべきですね。設問も「接
続法を用いて」と書いてあるのに habe では変ですね(接続法T式が例示されているのかもしれ
ませんが。でも、非現実話法はU式のほうがいいですね)。

A
いえ、解答「例」として befehlen が使われているだけではないでしょうか。sagen でもいいと
思います。

B
sie のような代名詞は、それ自体飽和していますので、それ以上の修飾を受けられません。つま
り、von Berlin で修飾できません。die [指示代名詞] なら大丈夫です。die か diejenige を使いま
す(die von Berlin は言えます)。
ただ、die Bevölkerung は全住人のことを言いますので、Bevölkerung が groß というのは言わ
ないかもしれません。die Anzahl der Bevölkerung でしょうか。

C
zu不定詞句を区切るコンマは、入れてはいけないわけではないですが、極力は省略することが推
奨されているかもしれません。コンマがあったほうが文の解釈が容易になる(コンマがないと文
の解釈が難しい)場合に限り、入れてもよい、というガイドラインです。

Duden Bd. 1 (2006) からの抜粋です:
Rechtschreibung und Zeichensetzung
K116.
Infinitivgruppen kann man durch Komma[s] abtrennen. um die Gliederung des Satzes
deutlich zu machen oder um Missverständnisse auszuschließen.
K117.
4. Man kann bei einem einfachen Infinitiv (nur Verb + "zu") die Kommas auch weglassen,
sofern keine Missverständnisse entstehen können.

返信2 返信-2
 2018/11/9 (金) 20:21:07 - ゆうすけ - No.1541713481.2
早速のご返答ありがとうございます。良く理解いたしました。

vonかausか 引用
  2018/11/5 (月) 22:42:56 - ゆうすけ - No.1541425376
田中先生こんにちは。
基本的なことで恐縮ですが、次の文章でausの使い方は合ってますでしょうか。

Der Zug fährt um 8 Uhr aus Berlin ab.

列車が駅から出発する時はvonを使うのが普通かなと思っていたのですが、あるサイトで
ausを使っているのを見つけましたので疑問に思いました。
ご教授よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2018/11/6 (火) 19:19:29 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1541425376.1
そうですね。von がいいと思います。
aus の反対概念は in で、ベルリンにいるうち(in Berlin)は aus は使えません。まだベルリンを脱
出していないので。
ab がなく、Der Zug fährt aus Berlin. であれば「その列車はベルリンを出て、走行している」とい
う感じで使えると思います。

返信2 返信-2
 2018/11/6 (火) 22:25:51 - ゆうすけ - No.1541425376.2
有難うございました。

書き換え問題<副文> 引用
  2018/10/31 (水) 23:53:07 - ゆうすけ - No.1540997587
田中先生こんにちは。

次の第2文を副文として全体を1つの文にしなさい、という問題があります。
Es regnet stark.
Wir können nicht draußen Fußball spielen.

これを Es regnet so stark, dass wir nicht draußen Fußball spielen können.
とするのは間違いでしょうか。weshalbを使わないといけないのでしょうか。

ご教授よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2018/11/2 (金) 23:02:10 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1540997587.1
いえ、第2文を副文にすれば良いのでしたら、ご指摘のように so ... dass でもいいですね。
あるいは Es regnet stark, so dass wir nicht draußen Fußball spielen können. でもいいで
すね。

返信2 返信-2
 2018/11/5 (月) 22:36:49 - ゆうすけ - No.1540997587.2
有難うございました。

例文訳と「ihr」の意味 引用
  2018/10/31 (水) 21:25:40 - szs - No.1540988740
田中先生



お世話になっております。m(__)m


ドイツ語関連サイト『schoLINGUA』の
https://www.scholingua.com/de/de/konjugation/m%C3%B6gen
のページの下方にある動詞「mögen」の2つの例文

Mögt ihr die neue Schule lieber?
Was möchtet ihr zum Abendessen?

の、

@日本語訳
A各例文中の「ihr」の文法的な意味

が明確に把握できません。


ご指導頂ければ幸いです。

返信1 返信-1
 2018/11/2 (金) 23:00:24 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1540988740.1
Aどちらの ihr も、文の主語で、二人称親称複数「君たち」を表す代名詞です。
@・君たちはその新しい靴のほうがいいの?
_・君たちは夕食に何がいい(何が食べたい)?
です。

返信2 返信-2
 2018/11/3 (土) 08:59:09 - szs - No.1540988740.2
田中先生


ご回答、ありがとうございました。
(単純過ぎる質問で済みません。ぜんぜん別の事を考えていたものですから。)

(靴はneu S〜ですか?)

-----

現在、mögen、möchten関連で、
調べているうちに混乱が生じております。
後日、質問させて頂くかも知れませんので、よろしくお願い致します。m(__)m

返信3 返信-3
 2018/11/5 (月) 08:49:01 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1540988740.3
> Mögt ihr die neue Schule lieber?
> 靴はneu S〜ですか?

すみません、見間違えていました。「靴」ならば
die neuen Schuhe にならないといけませんね。

・君たちは、[転入などで] 新しく通うことになったこの学校は好きかい?

という感じでしょうか。lieber は比較級ですが、比較対象が明示されていませんので、
「絶対比較級(『比較的〜である』)」ということかもしれません。

返信4 返信-4
 2018/11/5 (月) 10:36:43 - szs - No.1540988740.4
ご回答、ありがとうございました。


>> 靴はneu S〜ですか?

> die neuen Schuhe にならないといけませんね。

男性、複数、4格、の理解でよろしいでしょうか?
(この辺り、まだ恐る恐る考えている段階です。)
単数、複数の取り扱いに関しましては、
英語のshoe、shoesに準じますか?
英語のshoe、shoesも一概には言えないようですが。


> lieber は比較級ですが、比較対象が明示されていませんので、
> 「絶対比較級(『比較的〜である』)」ということかもしれません。

はい。丁寧なご説明、ありがとうございます。


-----

余談ですが、卓球女子の伊藤美誠選手がスウェーデンオープンで優勝されましたので、
田中先生の(このサイトの)過去のQ&A記事で拝見致しました、
「おめでとう!」を表すドイツ語表現を使いたい気持ちです。
文脈や話者の立場等々が問題になるかと思われますが、
どれがいいだろう?と考えております。

「Glückwunsch」、「Glückwünsche」を使う表現は、
格と性数の点で、異なっているのですね?

伊藤選手と特に関係のない一般人が「おめでとう!」を言う場合、
どんな表現が適切でしょうか?

返信5 返信-5
 2018/11/5 (月) 10:43:08 - szs - No.1540988740.5
(PS)

die neuen Schuhe

男性、複数、4格、では変ですね??

返信6 返信-6
 2018/11/5 (月) 12:13:21 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1540988740.6
> die neuen Schuhe にならないといけませんね。

私の見間違いにお付き合いくださいまして、恐縮です (汗)

> 男性、複数、4格、の理解でよろしいでしょうか?
> 男性、複数、4格、では変ですね??

いえ、変ではないと思います。複数形になると性別の垣根なく文法が同じになりますので、その
意味で「男性、複数」のところが相容れない、というようにお感じになったのだろうと思います
が、厳密には男性名詞であるところの der Schuh が複数形になって die Schuhe ですので、間違
っていないと思います。しっくり来ないようであれば「男性名詞の複数形、4格」とでも表現し
てあると大丈夫ですね。

4格なのは、mögen の直接目的語だから、ということで合っています。

> 単数、複数の取り扱いに関しましては、
> 英語のshoe、shoesに準じますか?

英語の shoe(s) の使い分けに明るくないのですが、一般的に靴は2つで対をなしますので、ドイ
ツ語の Schuh は複数形で運用されることが多いと思います。「靴というもの」という概念的に見
た場合に単数形になることもあるとは思いますが。

返信7 返信-7
 2018/11/5 (月) 12:21:38 - 田中雅敏 - <info@tmasa.jp> - No.1540988740.7
偉業を成し遂げた人に「おめでとう」というには

Gratuliere!
Herzlichen Glückwunsch!

などがいいのではないかと思います。
親しい相手であれば Glückwunsche と複数形で「たくさんのお祝い」を伝えられますが、知らない
人にであれば単数形で良さそうです。Gratuliere! が一番使い勝手がいいかもしれませんね。

返信8 返信-8
 2018/11/5 (月) 16:05:53 - szs - No.1540988740.8
田中先生


ご多忙の折、ご回答、ありがとうございました。

また質問に参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

m(__)m

全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19